ギニア湾海事研究所へようこそ-GoGMI

GoGMIは、ガーナで設立された非営利団体です。これは、ギニア湾地域に影響を与える戦略的海事に関する相互作用、アイデアの共有、研究を行うための海事戦略思想家、実務家、同盟国のための「シンクタンク」を構成します。インスティテュートのコアビジネスは、ガーナおよびギニア湾の海事空間全体の安全性、セキュリティ、環境の分野における戦略的な海事研究、コンサルティング、およびアドボカシーです。 GoGMIの主な目的は、認識された研究を生み出し、先住民の視点から解決策を提供することです。これにより、地域の意見や関心が過小評価されている地域の海事研究における現在の不均衡に対処します。

cropped-idec-africa-logo.png

INTERNATIONAL DEFENCE EXHIBITION AND CONFERENCE

Strengthening International Collaboration to Combat Terrorism and Transnational Organised Crimes

GoG地域の最新ニュース

Lt-Cdr-Dzokoto-1.jpg
ニュース

米空母司令官が南シナ海を航行する自由を主張

南シナ海に配備された米空母の司令官は、RFAに対し、「すべての国が公海を航行する自由」を確保することを目指していると語った。これは、中国の測量船からわずか50海里を通過するという任務である。 ..。。

GHANA-SBS-2.png
ニュース

BolloréLogisticsが6隻のセルフリフティングバージを中国から西アフリカに輸送することに成功

フローティングクレーンを使用したコストのかかる垂直リフトを回避するために、BolloréLogisticsは、自走式モジュラートレーラー(SPMT)油圧システムを使用してバージを水平に移動することを決定しました。ジャッキアップバージは高さ1.8mの象の脚に乗せられていました。チームは、FIPE桟橋からはしけに移動するために、これらの重いリフトを1.8メートルから1メートルに下げる必要がありました。

2020-06-11-ti-3__logistics-transportation-container-cargo-ship-plane-1024967245__1920x1080
ニュース

革新的な浮体式風力タービン財団の設置-TetraSparonグローバル海事苦痛および安全サービス

オフショア船のオペレーターおよび設置サービス会社であるBourbonSubsea Servicesは、最近3.6MWの設置を完了しました。 ノルウェーのテストサイトでのTetraSpar浮体式風力タービンのプロトタイプ。

最新の海事ニュース 

myrtle-hazard-crewmembers.jpg
News

As China Looks to South Pacific, USCG Maintains an American Presence

The U.S. Coast Guard is operating forward in the Pacific Islands for the purpose of maintaining an American presence and building law-enforcement partnerships with regional governments. With capable Coast Guard cutter crews in the area, U.S. government personnel are becoming a familiar sight in the EEZs of under-resourced Pacific island nations.

AOPS-naming-may-29-irving-shipyard.jpg
News

Canada Names Two Arctic Offshore Patrol Ships for WWII Heroes

The ships are part of the fleet of six Harry DeWolf-class Arctic and Offshore Patrol Ships (AOPS) being delivered to the Royal Canadian Navy as part of Canada's controversial National Shipbuilding Strategy. Two more will be delivered to the Canadian Coast Guard, but supply-chain issues and inflation have doubled the price for the follow-on CCG contract.

NMTP WN.png
News

Get Training on Maritime Transport Policy

The training programme, developed for maritime transport policy capacity-building activities, is delivered in a workshop or a seminar format for a targeted audience. It covers key topics on policy rationale, policy formulation and formulation of maritime transport policy, international maritime instruments, and the economic, safety, security, human element and environmental dimension of maritime transport policy formulation. The programme embraces a universal approach to meet IMO's capacity-building and technical assistance
requirements

image 1.png

INTERNATIONAL MARITIME
SECURITY WORKING GROUP

IMSWG, housed by the Gulf of Guinea Maritime Institute, constitutes a working group of maritime experts and practitioners that spans across industries, academia, national, regional & international institutions

IMSWG LOGO 1.png

Subscribe to get exclusive updates

Thanks for subscribing!